Attic-vintage at kaina

2020/03/30 11:55

2020年の春、本当に大変な世の中になってしまいましたね。

みなさんは体調くずされていませんか?

鎌倉もそうですが、どんどん身近なところに新型ウイルスの波が押し寄せてくる今、
恐怖ではあるけれど、対策をとりながらひたすら待つしかないです。
早く本当の春が訪れてもらいたいものです。。

昨年から計画していた今年春の買い付けの計画ももちろん断念しましたが、
残念ではあるけれど、誰のせいにもできないこの状況では、
今できることを黙々とやるしかありませんよね!


ということで、お店も自粛で積極的に営業していないいま、
こんなに時間があるのだから(苦笑)
これまで買い付けたもので細かなものたちを改めて掘り返して
手入れをしなおしています。

なんかね、不思議なことに、またそれらを手にとって手入れしていると
買い付けた時の情景が思い出されて、勝手に買い付けの旅をしている気分になる。

あ〜、あったかい良い季節だったな〜、とか、
埃まみれで汚いし、疲れ切って死んでたな〜、とか。

僕の買い付けは、業者専用のところでまとめて買い付けるという方式ではないので、
そんな感じで出会った人や風景がバーーっと思い出されます。

大好きな運河沿いの風景や、


シルバーなどを買い付けた、ラスコーの壁画近くの小さな村とか、

さらに南部に行った街の市場や、


いろいろなとこで、買い付けの合間に公園で食べたサンドイッチや、



ほんとは、商品と一緒に、こんな風景も届けたいのだけど、
全然伝えたいけど伝えられていないなあ、と反省。

せっかく買ってくださるみなさんの生活にも、その商品を通して
現地の生活感をイメージしてもらえたらいいなあ。



これから買い付けの商品は、買い付けた町の風景や、季節感や人などの雰囲気も
一緒に伝えていきたいと思います。

まずは、これまでの商品でも過去の買い付けの写真を掘り起こして
こんな街なんですよ!とか案内してみようかな。


あと一点重要なこと。
こんな時期だからこそ、もちろんお届けする商品には気をつけたい。
商品は、ちゃんとアルコール消毒の上、梱包する僕自身もマスク着用や
手のアルコール消毒をした上で丁寧に対応したいと思います。

今のこんな状態が続くと、僕みたいな小さなお店は
どこまで続けていけるかわからないけど、
みなさんも大変だと思います。

なんとか、耐えて乗り切りましょう!